プログラミングがメイン

法人向けのノートパソコンはキーピッチを広めに取っている

法人向けパソコンの用途にはいろいろなものがありますが、代表的なものとしてプログラミングが挙げられるでしょう。近年、カフェにノートパソコンを持ち込んで仕事をしている人がいますが、そういった人の中には会社から支給されたパソコンを使ってプログラムを書いている人も少なくありません。
法人向けのパソコンを販売しているメーカーは、もちろん、プログラミングという用途を把握しているのでそれに合った設計をしていることも多いです。たとえば、キーピッチを広めに取るというものが挙げられます。個人向けのノートパソコンの中には、本体をできるだけ薄く小さくするためにキーの間隔を狭めている機種があるのですが、法人向けのパソコンの場合、キーの間隔に余裕を持たせて押しやすく、打ち間違いが起きないようにしているのです。

キーボードの耐久性も重要

キーの強度も個人向けのパソコンと比べると法人向けの方が強くなっていることが多いです。プログラミングで使われる場合、当然、一般人がプライベートで使うよりも短時間で多くのキーが押される可能性が高く、通常の耐久性だと壊れるのが早くなってしまうからです。
では、プログラミングをするための法人向けパソコンを購入する場合、どういった点を重視して選べばいいのでしょうか。上記のキーピッチ、キーの強度以外に挙げられるのはメモリの容量でしょう。プログラミングをする場合、複数のソフトを同時に起動して行う場合もあり、少ないメモリで動かしていると何度もフリーズしたような状態になることが考えられるからです。すると、リアルタイムで文字を入力できなくなってしまい、プログラムの作成に支障を来してしまうのでメモリはできるだけ多い方がいいのです。